管理画面の表示言語

AdSenseの管理画面にログイン後、表示されるページの言語を設定する方法について解説します。通常は日本語で問題ありませんが、英語などに変更したい場合や逆に英語になってしまっているものを日本語に変更する方法です。

1.アカウント設定画面
2.表示言語の設定
3.英語やその他の言語から日本語へ変更する手順

それでは実際に試してみます。AdSenseの管理画面にログインして下さい。

p1-1

画面左側に表示されているメニューの中から「アカウント設定」をクリックして下さい。

p1-2

「アカウント設定」画面が表示されます。

p1-3

アカウント設定画面では、連絡先の編集やユーザーの追加といったことが行えます。

現在の表示言語はアカウント設定画面の「個人設定」ブロックの中に表示されています。通常は日本語で表示されているはずです。

p1-4

この表示言語を変更するにはアカウント設定画面の「個人設定」ブロックにある「編集」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-5

「個人設定」の編集画面が表示されます。

p1-6

「表示言語」の箇所で使用したい言語をドロップダウンメニューから選択して下さい。今回は「英語(アメリカ)」を選択します。

p1-7

選択が終わりましたら「保存」ボタンを押して下さい。

p1-8

管理画面の表示言語が指定した言語(今回は英語)になります。

p1-9

p1-10

表示言語が変更になるだけで収益などは円ベースで変わりはありません。

知らないうちに英語で表示されてしまった場合、メニューも英語になってしまっているので表示言語を変更したくてもどこを操作していいか分からなくなる場合があります。英語ならまだいいのですが、全然見当がつかない言語になってしまっている場合もあります。

その場合、管理画面のURLをまず確認して下さい。英語になっている場合は次のようなURLとなっています。

p1-11

URLの中に含まれるパラメータ「hl=en_US」の部分が言語に関する設定となっています。ここを手動で「hl=ja」に変更して下さい。

p1-12

管理画面が一時的に日本語で表示されます。

p1-13

後は表示言語を変更する手順に従って言語を変更して下さい。今回の場合であれば「表示言語」が「英語(アメリカ)」になっているので「日本語」に変更します。

p1-14

このように表示言語の設定に関わらず、URLのパラメータを手動で変更することで一時的に違う言語にすることができます。見たこともない言語で表示されてしまった場合はこの手順を思い出して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )