広告スタイルの作成

広告ユニットに指定する色はユニット毎に指定ができますが、複数の広告ユニットに同じ色の組み合わせを適用したい場合一つ一つ設定するのは大変です。そこで色の組み合わせを広告のスタイルとして作成し、各広告ユニットでは作成済の広告のスタイルを選択して色の組み合わせを決めることができます。ここでは広告のスタイルを作成し利用する方法について解説します。

1.広告のスタイルとは
2.広告のスタイルの管理画面
3.「すべてのアクティブ プロダクトで使用可能な広告スタイル」と「一部のプロダクトで使用できない広告スタイル」の違い
4.新しい広告スタイルの作成
5.作成した広告スタイルを広告に設定

検索向けAdSenseの広告ユニットの設定において、広告の色などに関する設定画面として下記のような表示がされていたかと思います。

p2-1

ここに表示されている「Googleのデフォルト」や「クラシックグレー」が今回作成しようとしている「広告のスタイル」となります。

広告のスタイルはURLやテキスト、背景や枠線など広告ユニットで指定する色の組み合わせに名前を付けたものです。AdSenseではいくつかの広告のスタイルが用意されており、広告ユニットを新規に作成する時にスタイルとして「Googleのデフォルト」を選べば、タイトルは青色でURLは緑色といった色の設定が全て行われます。

どの広告のスタイルを選ぶとどのような色が設定されるのかは簡単に確認することができます。例として「モダン白」をクリックしてみます。すると画面右側に「モダン白」の広告ユニットを選択した時に各項目に設定される色が表示され、また画面右上には実際に適用された広告サンプルが表示されます。

p2-2

「モダン白」を選ぶと「枠線」は灰色で「タイトル」は黒、「背景」は白といった各項目の色が設定されます。

今度は「クラシックグレー」をクリックしてみます。このスタイルの場合は「枠線」と「タイトル」は黒で「背景」は灰色に設定されることが分かります。

p2-3

このように各項目の色を個別に設定する代わりに、各項目の色が定義された広告スタイルを選択することで一度に全ての項目の色を設定することができます。また複数の広告ユニットでスタイルを設定する場合でも、同じ広告スタイルを選択することで同じ色の組み合わせを簡単に複数の広告ユニットに設定することができます。

それでは新しい広告のスタイルを作成してみます。AdSense管理画面にログイン後、画面上部に表示されている「広告の設定」をクリックして下さい。

p2-4

広告の設定画面が表示されます。

p2-5

画面左側に表示されている項目一覧の中から「広告のスタイル」をクリックして下さい。

p2-6

広告のスタイルの管理画面が表示されます。

p2-7

この画面で新しい広告スタイルを作成したり、作成済の広告スタイルを編集したりすることができます。

画面上部の「サンプルの広告スタイル」はデフォルトで作成されている広告スタイルです。コピーして別のスタイルを定義することはできますが削除することはできません。

その下に「すべてのアクティブ プロダクトで使用可能な広告スタイル」と「一部のプロダクトで使用できない広告スタイル」の2つのブロックがあります。その違いについて簡単にご説明しておきます。

広告スタイルはコンテンツ向けAdSenseの「広告ユニット」および「リンクユニット」、そして検索向けAdSenseの「カスタム検索エンジン」で使用されます。この3つの広告は「背景の色」は全て必要ですが「URLの色」はリンクユニットでは必要ありません。リンクユニットでだけ使用する広告スタイルであれば3つの項目に関する色を定義するだけで済みます。逆に全ての広告で共通して使用できる広告スタイルを作成するには3つの広告で必要となる全ての項目に関する色を定義しておく必要があります。

「すべてのアクティブ プロダクトで使用可能な広告スタイル」のブロックに表示されている広告スタイルは3つの広告で使用される項目が全て定義されたものです。「一部のプロダクトで使用できない広告スタイル」のブロックに表示されているものは特定の広告で使用するには十分な項目の定義がされているけれど、他の広告で必要な項目が定義されていないものです。

別々に用意した方が便利な場合もあると思いますので使いやすい方法でご利用になってみて下さい。

それでは新しい広告スタイルを作成してみます。「新しい広告スタイル」と表示されている個所をクリックして下さい。

p2-8

「広告のスタイル」作成画面が表示されます。

p2-9

画面左上にどの広告で使用する広告スタイルを作成するのかを選択するチェックボックスがあります。デフォルトで「広告ユニット」「リンクユニット」「カスタム検索エンジン」の全てにチェックが入っています。ためしに「リンクユニット」だけにチェックを入れてみますと次のように設定すべき項目が3つだけになります。

p2-10

今回は改めて全てのチェックボックスをチェックした上で、全ての項目の色を次のように設定してみました。また「スタイル名」には今回作成する広告スタイルの名前を指定して下さい。

p2-11

設定が完了したら画面下部の「広告スタイルを保存」ボタンを押して下さい。広告スタイルが保存され、広告のスタイルの管理画面に先ほど作成した広告スタイルが表示されます。今回は全ての広告で使用可能なものを作成しましたので「すべてのアクティブ プロダクトで使用可能な広告スタイル」のブロックに表示されています。

p2-12

それでは作成した広告スタイルを広告に設定してみます。既存の広告ユニットの編集画面を表示して下さい。

p2-13

「広告のスタイル」の設定で先ほど作成した広告スタイルを選択します。

p2-14

設定を保存し、変更した設定が反映されるまで待って頂いてから告が表示されたページを見てみると、先ほど指定した広告スタイルが反映されて表示されていることが確認できます。

p2-15

このように広告スタイルを作成しておけば、新しい広告を作成する時や既存の広告に対して定義済の色をすぐに設定することができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )