他の期間と比較してグラフを表示

パフォーマンスレポートではレポートの対象となる期間を指定してグラフを表示することができますが、他の期間を指定して同時にグラフに表示し比較することができます。ここでは他の期間と比較してグラフを表示する方法をご紹介します。

1.比較する期間の指定
2.それぞれの期間のデータを確認

AdSenseにログイン後、画面上部のメニューの中から「パフォーマンスレポート」メニューをクリックして下さい。「パフォーマンスレポート」画面が表示されます。デフォルトでは次のようにアカウント全体(日単位)のレポートが表示されます。

p3-1

現在対象となる期間は過去7日間となっています。それでは画面右上の期間が表示されているところの右側▼をクリックして下さい。

p3-2

開始日と終了日の指定が行える画面が表示されます。「他の期間と比較」のところにあるチェックボックスをチェックして下さい。

p3-3

比較する対象となる期間を入力するテキストボックスが表示されます。

テキストボックスは開始日だけを指定します。比較は同じ日数で比較されますので、元の期間が7日間だった場合は比較対象となる期間も自動的に7日間となるため開始日を指定すると自動的に終了日が決まります。

それでは開始日を指定します。今回は1年前の同じ頃の日時と比較してみます。開始日を入力すると自動的に終了日が決まりますので、その後で「適用」ボタンを押して下さい。

p3-4

次のように2つの期間のレポートが同じグラフ上に表示されます。

p3-5

複数の期間のグラフを比較表示している場合は、一度に表示できる項目は1つだけです。例えば「ページビュー」をクリックすると、ページビューだけのグラフが表示されます。

p3-6

他の期間と比較した場合、画面下部の一覧には元の期間のデータしか表示されていませんが、グラフ上にマウスを合わせることで両方の期間のデータを確認できます。

p3-7

また期間中の合計値も同じように確認できます。

p3-8

なお合計値については現在グラフに表示されている項目しか確認できません。他の項目の合計値を確認したい場合はグラフに表示される項目を一度切り替えて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )