レポートにディメンションを追加

レポートを表示した時にディメンションを追加してさらに詳細なレポートを作成することができます。ここではディメンションの追加方法について解説します。

1.ディメンションとは
2.ディメンションの追加方法
3.ディメンションの削除

まずディメンションとは何かについて簡単にご説明します。レポートを表示する時、日ごとや広告タイプごとにページビューや収益を表示します。この「日ごと」や「広告タイプ」がディメンションになります。ディメンションを追加するということは、日ごとに表示していたレポートをさらに広告タイプごとに分けて表示するということになります。

簡単なサンプルでご説明します。下記は「日ごと」にレポートを表示しています。

p8-1

ここに「広告タイプ」というディメンションを追加すると次のようなレポートとなります。

p8-2

日ごとの場合、X月X日の収益はどれだけという情報を知ることが出来ましたが、広告タイプのディメンションを追加することでX月X日のテキスト広告から得られた収益はどれだけ、といったようなより詳細なレポートを閲覧することができます。AdSenseのレポートではディメンションは複数追加することができるため、さらに細かい分析も可能です。

それでは実際にAdSenseのレポートでディメンションを追加してみます。まず「アカウント全体(日単位)」のレポートを表示します。

p8-3

p8-4

グラフと表に間にディメンションが表示されている個所があります。

p8-5

現在表示されているレポートのディメンションは「日別」となっています。それではディメンションを追加してみます。「ディメンションを追加」ボタンをクリックして下さい。次のように追加可能なディメンションの一覧が表示されます。

p8-5

今回は追加するディメンションとして「広告タイプ」を選択しました。その結果、レポートは次のように「日別」>「広告タイプ」のように分類されて表示されました。

p8-7

※ この時、自動的にページビューではなく広告リクエストを基準としてレポートが表示されています。ページビューの場合、ページに掲載されている最初の広告だけがPV1としてカウントされ他の広告はPV0としてカウントされているため、ページビュー基準では正確なレポートが出ないためと思われます。

ディメンションが追加できるのは1つだけではありません。さらに追加する場合は先ほどと同じ手順で「ディメンションを追加」ボタンをクリックして追加するディメンションを選択して下さい。

p8-8

レポートに追加したディメンションは、後から削除することもできます。ディメンションが表示されている個所で、削除したいディメンションのところにある「×」マークをクリックして下さい。

p8-9

ディメンションが削除され「日ごと」のレポートが表示されました。(この時、自動的に広告リクエスト基準からページビュー基準にグラフが戻りました)。

p8-10

なお最初に表示されているディメンションは削除することはできませんが、「ディメンション名▼」をクリックすると別のディメンションを選択することができます。

----------

レポートにディメンションを追加することで、より細かい分析を行うことができるようになります。是非ディメンションの使い方は覚えておいて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )