検索向けAdSense固有の禁止事項

AdSenseを利用する場合、利用規約とAdSenseプログラムポリシーを守る必要がありますが、それとは別に検索向けAdSense固有の禁止事項があります。ここでは検索向けAdSense固有の禁止事項についてご紹介します。

1.検索向けAdSenseと他の検索サービスの件用
2.検索結果を表示するページに他の広告を掲載できるかどうか
3.検索ボックスにあらかじめデフォルト値を設定していいかどうか

作成したカスタム検索エンジンを設置したページに、他の検索サービスを使った検索ボックスを設置できるかどうかはヘルプに次のように記載されています。

検索向け AdSense ボックスが表示されているサイトに他のインターネット検索サービスを追加しても問題はありません。ただし、そのインターネット検索サービスによって表示される検索ボックスが Google の検索ボックスの外観に似ている場合は、追加することができません。

似た外観を持つ検索ボックスを設置しないように注意して下さい。

検索向けAdSenseの「検索結果」の設定で自分のウェブページに結果を表示する設定した場合、自分が作成したWebページ内に検索結果を表示することができます。検索結果を表示するWebページには他の任意のコンテンツも掲載できますが、AdSenseの他の広告が掲載できるかどうかについてはヘルプに次のように掲載されています。

フレーム内の検索結果ページには、テキスト、イメージ、動画の広告ユニットを含め、他の広告を掲載しないようお願いしています。ただし、リンク ユニットや AdSense ボックスを配置することはできます。

このように検索結果のページにはリンクユニットと検索向けAdSenseで作成したカスタム検索エンジン以外は設置できません。コンテンツ向けAdSenseの広告ユニットなどを設置しないように注意して下さい。

閲覧者の方は調べたいワードを検索ボックスに入力し、その後で検索ボタンを押されることで検索が実行されますが、あらかじめデフォルト値として検索ワードを入力しておき後は検索ボタンを押すだけという状態にしていいかどうかについては、カスタム検索エンジンを作成する時に表示される「AdSenseポリシー」に次のように表示されています。

サイト運営者様は、検索ボックスにあらかじめ文字列や検索結果ページへのハード コード ダイレクト リンクを表示することはできません。

p22-1

このように検索ボックスにあらかじめ検索ワードを入力しておくことはポリシー違反となります。また何かで検索した後の検索結果のページのURLを取得し、そのURLへのリンクをご自身のWebページ内に記載することも禁止されています。検索はあくまで閲覧者の方の意思で行われなければなりません。

----------

以上が検索向けAdSense固有の注意事項となります。これ以外にも全体に適用されるAdSenseプログラムポリシーで禁止されている「取得したコードの改変」などはもちろん禁止となっていますので利用される場合は規約違反とならないようにご注意下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )