広告コードの取得

作成した広告ユニットをブログなどに掲載するには広告コードを取得する必要があります。ここでは広告コードの取得方法について解説します。

1.コードを取得
2.広告コードに関する注意事項

では広告ユニットの作成方法を見ていきます。まずはAdSenseの管理画面にログインして下さい。そして画面上部のメニュー一覧の中から「広告の設定」メニューをクリックして「広告の設定」画面を表示させて下さい。

p7-1

今回はコンテンツ向けAdSenseで作成した広告ユニットの広告コードを取得します。デフォルトで表示されていると思いますが、画面左側メニューで「コンテンツ向けAdSense」の「広告ユニット」が選択されているかどうか確認されてみて下さい。

p7-2

画面中央には作成済の広告ユニット一覧が表示されています。1つの行が1つの広告ユニットとなっており、各行には次のようなメニューが表示されています。

p7-3

広告コードを取得するには、取得したい広告ユニットの下に表示されているメニューの中から「コードを取得」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-4

画面中央にウィンドウが開き次のように広告コードが表示されます。

p7-5

表示されたコードをコピーしておいて下さい。これで広告コードの取得は完了です。

なお広告コードはJavaScriptで記述されており、次のようなものとなっています(2013年3月時点です。変更になる場合もあります)。

<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-0123456789012345";
/* 00_sample */
google_ad_slot = "0123456789";
google_ad_width = 300;
google_ad_height = 250;
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

広告コードには広告のサイズに関する記述はありますが広告ユニットを作成する時に指定したどんな広告を表示するとか広告の色といった設定は記述されていません。これらの設定は全てAdSenseのサーバ側で保存されています。その為、広告ユニットの色などを管理画面から変更した場合でも、ブログに貼り付けた広告コード側は何も変更する必要がありません。

広告コードに関しては次のことに注意して下さい。

広告コードは絶対に変更してはいけません。広告コードは取得したままの状態で使って下さい。改行を加えたりコメント行を追加したり、サイズに関する部分を書き換えたりしては絶対に駄目です。広告コードの改変は重大なポリシー違反となります。

ブログなどに広告コードを貼り付ける際、ご利用になっているブログサービスによっては自動的に改行や<br>タグを付け加えたりするところもありますのでご注意ください。

( Written by Tatsuo Ikura+ )