「ブロックしたサイトの管理」がいったん終了。当面はChromeの拡張機能で

自分がGoogleで検索を行った時に、指定したサイトを検索結果から除外できる機能「ブロックしたサイトの管理」が終了しました。かなり以前から機能しなくなっていたのですが正式に終了となったようです。現時点で下記のURLにアクセスすると次のように表示されます。

http://www.google.com/reviews/t

20130325_01

ただ画面には次のように記載されており、将来的には別の形で同等の機能が提供されるかもしれません。

このたび、サイト ブロック機能をひとまず停止させていただくこととなりました。サイト ブロック用の Chrome 拡張機能は引き続きご利用いただけます。また、Google では今後、不要な検索結果のブロック機能を再度検討していく予定です。

Chrome用拡張機能のインストール

現時点で特定のサイトを検索結果に表示しないようにするには、先ほどの画面にも記載されたいたChrome用の拡張機能を使用します。

https://chrome.google.com/webstore/detail/personal-blocklist-by-goo/nolijncfnkgaikbjbdaogikpmpbdcdef

20130325_02

この拡張機能を利用するには画面右上の「CHROMEに追加」と書かれたリンクをクリックして下さい。確認画面が表示されますので「追加」ボタンを押して下さい。

20130325_03

次のような画面が表示されれば完了です。

20130325_04

画面右上に表示されている赤い丸の中に手のアイコンが表示されていれば有効となっています。

20130325_05

拡張機能を使った特定サイトを非表示にする方法

それでは使い方を見てみます。Googleでまず何か検索します。

20130325_06

検索結果にそれぞれ次のように「xxx をブロック」というリンクが表示されます。

20130325_07

ブロックしたいサイトが出てきたら「xxx をブロック」と書かれたリンクをクリックして下さい。すぐにGoogleの検索結果に表示されなくなります。(もちろん自分の環境でだけです。また単に見えなくなっているだけでインデックスが削除されるとかではありません)。

20130325_08

これで特定のサイトをGoogleで検索した時に検索結果に表れないようにすることができました。

非表示にしたサイトを解除する方法

次に非表示にしたサイトを解除する方法も確認しておきます。

Googleで何かを検索した時、Chromeの拡張機能によって非表示になっている検索結果ががある場合、そのページの一番下に「Personal Blocklist 拡張機能によって一部の検索結果が除外されています。」と表示がされます。

20130325_09

(表示)と書かれたリンクをクリックして頂くと、一時的に非表示が解除され本来表示される位置に表示がされます。

20130325_10

一時的に表示された検索結果には次のように「xxx のブロックを解除」というリンクが表示されています。このリンクをクリックすると非表示を解除することができます。

20130325_11

またChromeの右上に表示されている赤いアイコンをクリックして頂くと、現在非表示にしているサイトの一覧が表示され、ここから非表示を解除することもできます。

20130325_12

ブラウザにChromeをお使いの方であれば簡単に導入することができますので、是非使ってみて下さい。