Adsense管理画面に表示されるYouTubeの収益レポートが変更となります

YouTubeパートナー向けのGoogle公式ブログによると、近くAdsenseの管理画面で表示されるYouTubeの収益レポートに変更があるそうです。

http://youtubecreatorjp.blogspot.jp/2013/03/blog-post_27.html

20130329_01

変更箇所は次のように記載されています。

2013 年 4 月 1 日以降、 YouTube での AdSense 広告の収益結果を確認する際、「コンテンツ向け AdSense のホスト」の見積もり収益額等のレポートは AdSense では見られなくなります。代わりに、YouTube アナリティクスで見ることができます。

YouTubeの収益化を実際に行っていないので現状どういった形でレポートが表示されているのか分からないのですが、今までYouTubeから発生する収益の中で「コンテンツ向け AdSense のホスト」としてAdsenseの管理画面に表示されていた分について今後はAdsense側では表示しないのでYouTubeアナリティクスで確認して下さい、という意味なのかなと思いました。

実際にご利用さている方は是非ブログ記事をご参照されてご確認されてみて下さい。

なおこの記事では「コンテンツ向け AdSense – ホスト」の収益と「YouTube」 の収益の違いについても次のように解説されています。

これは YouTube での収益には 2 つの収益源からあるためです。1 つはオークションで表示される広告が決まる「AdSense からの収益(コンテンツ向け AdSense – ホスト)」、もう 1 つはオークションを介さない予約販売方式の広告(YouTube からの収益)です。YouTube では、この 2 種の広告の内、視聴者が動画を再生したときに最適な広告が表示されます。

表示される広告の元になっているところがAdsenseとYouTubeの二つあり、発生した収益は別々に集計し、レポートもAdsenseの管理画面上ではAdsense経由の分だけ表示していたということなんですね。

今回「YouTube アナリティクスの収益レポートに結果が反映されるタイミングが以前より早くなり、該当日の終了時(太平洋標準時)から 24 時間以内となります。」といった嬉しい変更もあるようです。繰り返しになりますが、普段利用されている方は是非元の記事をご参照されてみて下さい。